2019年ゴルフルールの大改定!ゴルファーへの影響は?

2019年。

全世界で施行されるゴルフのルールが新しく改定されます。

これは、100年に1度の大改定とも言われています。

 

今回は、ゴルフにどのような新ルールが追加され、

ゴルファーにどのような影響を与えるか

紹介します。

 

ルール改定の目的は?

今回のルール改定の主な目的は、

「プレーのスピードアップ」

「ゴルフファン層の底辺拡大」

の2つです。

 

これらの目的を達成する為、

新ルールでは

ゴルファーの救済措置が多く追加されました。

 

つまり、今回のルール改定は

ゴルファーにとって大きなメリットとなります。

 

新ルール1:バンカー内の草や石の取り除くことが可能

旧ルールは、バンカー内の草や石は触ることができませんでした。

しかし、新ルールではそれらを取り除くことができるので、

バンカー内のショットが多少楽になるでしょう。

※ただし、取り除く際にボールが動くと

1罰打になるので、細心の注意が必要です。

 

新ルール2:バンカー内のボールを2罰打で外に出せる

旧ルールでは、バンカー内でボールを打てないと判断した場合、

・元の位置からの打ち直し(1罰打)

・後方線上にドロップ※バンカー内(1罰打)

・2クラブレングス以内にドロップ※バンカー内(1罰打)

と、3つの選択がありますが、

そこに、

・ボールとホールを結んだ後方線上にドロップ※バンカー外(2罰打)

という選択肢が増えました。

 

バンカーが苦手なゴルファーにとっては

嬉しい救済処置になるでしょう。

 

新ルール3:OBや紛失球は周辺から2罰打で打てる

これは、プロの試合や競技会では適用されないが、

初心者向けのローカルルールとして追加されました。

このルールを使用することで、

プレーのスピードアップが見込めます。

 

新ルール4:ドロップは膝の高さから行う

「肩の高さ」が、

「膝の高さ」になったことで、

ボールの転がりが少なく、

狙った場所に落としやすくなりました。

 

新ルール5:自打球は無罰

旧ルールでは、

自打球は1罰打でしたが、

新ルールでは、

無罰になります。

 

新ルール6:地面に食い込んだボールは無罰で救済

旧ルールでは、フェアウェイに限られていましたが、

それが、ラフなどにも広がった為、

スコアアップが期待できます。

 

新ルール7:ボールを探している時に偶然動かしても無罰

旧ルールでは、1罰打でしたが、

新ルールで無罰で元の位置に戻せるようになりました。

※逆に、元の位置に戻さずにプレーした場合、

2罰打になるので注意しましょう。

 

新ルール8:ペナルティーエリアでもクラブを地面につけてもOK

ペナルティーエリア(旧:ウォーターハザード)での規則が緩和され、

クラブを地面につけられるようになりました。

 

新ルール9:旗竿を立てたままパットOK

旧ルールでは、旗竿を立てたままパットを行い、

旗竿に当たった場合、2罰打でした。

しかし、時間短縮などの目的で

旗竿を抜かずにプレーすることが可能になりました。

 

新ルール10:2度打ちは無罰

旧ルールでは、2度打ちは1罰打でしたが、

新ルールでは無罰になりました。

 

新ルール11:自然に動いたボールは無罰で戻せる

マークしたボールをリプレースしる前後に

うっかり動かしても、1罰打にならず、

無罰で戻せるようになりました。

 

新ルール12:スパイクマークによる傷は無罰で直せる

旧ルールでは、パットのライン上で直せるのは、

・古いカップの埋め跡

・ボールが落下してできたボールマーク

だけでしたが、そこに

・スパイク跡

・芝の毛羽立ち

もパターのソールなどで修正OKとなりました。

 

まとめ:新ルールはゴルファーにとってメリットばかり!

以上、新ルールの一部を紹介しましたが、

今回のルール改定で、

多くのゴルファーのスコアが伸びることでしょう。

 

今回の新ルールをしっかり理解して、

是非、ベストスコア更新を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です