開幕直前!2019年プロ野球順位予想~セ・リーグ~

こんにちは。 モッチーです。

 

明後日、3月29日。

いよいよ、プロ野球が開幕します!

 

今年のストーブリーグは、近年まれに見るほど、熱かったですね。

(巨人・丸 ⇔ 広島・長野は本当に驚きました)

 

と、いうわけで!

今回は、2019年セ・リーグの順位を勝手に予想します!

 

まずは、

各球団の注目ポイントを挙げていきます。

各球団の注目ポイント

広島カープ

去年、3連覇を達成したカープ。

今年のオープン戦を首位で終えました。

今年のカープも相変わらず強そうです。

注目ポイント:3番打者

丸選手が抜けたことによって、絶対的3番打者がいなくなりました。

オープン戦を見ていても、この3番が決まらないように思えました。

逆に、シーズン中にこの3番が決まれば、カープ史上初の4連覇も見えてくるのではないでしょうか。

東京ヤクルトスワローズ

一昨年の屈辱の96敗・最下位から一転。

去年は、見事Aクラス入りを果たしました。

地獄のキャンプの成果が出たと思います。

注目ポイント:先発ローテーションの確立

打力は文句なしですが、投手力が弱いように思えます。

今までの先発陣はもちろん、移籍組の高梨投手や寺原投手の活躍に期待です。

読売巨人ジャイアンツ

4年ぶりに監督に復帰した原さん。

今年は、球界の盟主としての意地に期待です。

注目ポイント:若手の活躍

近年の巨人は、スタメン陣の高齢化が 目立ちました。

また、今年は、炭谷選手・中島選手・岩隈投手といった

ベテランの大型補強も行いました。

 

しかし、今の巨人は若手の活躍が 目立ちます。

野手では、岡本選手はもちろん、

侍ジャパンに選出された吉川尚選手やスタメン候補に挙がっている田中俊選手。

投手では、坂本工投手や大江投手など今後の活躍が楽しみな若手選手が 増えました。

 

原監督には、首位奪回だけでなく、若手の育成にも力を入れてもらいたいです。

横浜DeNAベイスターズ

昨年は、東投手の獲得と大和選手の加入で、優勝が期待されていたDeNA。

結果は、優勝どころかBクラス・・・

今年こそ、横浜優勝だ!

(因みに、モッチーはDeNAファンです。)

注目ポイント:二塁手と右翼手

野手のキーマンは、何と行っても昨年のホームラン王・ソト選手でしょう。

このソト選手を二塁手で使うか右翼手で使うか迷いどころですね。

 

ソト選手を二塁手にした場合、

右翼手には、梶谷選手や楠本選手を置けるので、攻撃重視オーダになります。

右翼手にした場合は、

二塁手に、柴田選手や中井選手を置いて守備重視のオーダになります。

 

今年は、このソト選手の起用方法に注目です。

中日ドラゴンズ

去年、ソフトバンクから移籍してきた松坂投手や、

ドラフト大本命の根尾選手を獲得しました。

注目ポイント:リリーフ投手の整備

一時期の中日に比べると、中継ぎ陣があまり活躍していないように思えます。

 

今年は、田島投手・又吉投手の復活、鈴木投手の覚醒が

鍵になりそうです。

阪神タイガース

今オフ、オリックスから西投手、中日からガルシア投手が移籍しました。

先発ローテーションは、セ・リーグで 一番充実しているのではないでしょうか。

注目ポイント:4番・大山選手

阪神も巨人と同じく、スタメンの高齢化が 目立っていました。

しかし、今年は全ポジションにおいて世代交代が期待できます。

その若虎を、大山選手がプレーで引っ張っていくことを期待しています。

2019年セリーグ予想順位は・・・

以上を踏まえて、

私が予想する2019年のセリーグの順位は・・・

 

 

1位 読売巨人ジャイアンツ

2位 横浜DeNAベイスターズ

3位 広島カープ

4位 阪神タイガース

5位 東京ヤクルトスワローズ

6位 中日ドラゴンズ

 

 

巨人は、

・丸獲得でカープの戦力ダウン

・吉川尚選手の対広島の相性の良さ

これらの理由で、今年の対広島の戦績は悪くても五分五分だと考えます。

鬼門広島戦を乗り越えることが出来れば、優勝できるでしょう。

 

また、DeNAは

・対広島との相性の良さ

・去年の新戦力(大和選手、ソト選手、伊藤選手)のチームへの順応

という理由もあり、上位予想します。

ただ、監督の経験値の差で、巨人よりは下になるでしょう。

 

 

以上、2019年セ・リーグの順位予想でした!

 

明日は、パ・リーグ編を公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です