開幕直前!2019年プロ野球順位予想~パ・リーグ~

こんにちは。モッチーです。

 

いよいよ、明日。

待ちに待ったプロ野球が開幕されます!

 

この時をどれ程待ちわびたことか・・・

 

と、いうことで!

昨日に引き続き、今日は2019年パ・リーグの順位を

勝手に予想します!

 

まずは、各球団の注目ポイントを挙げていきます。

各球団の注目ポイント

埼玉西武ライオンズ

去年、10年ぶりのリーグ優勝を達成しましたが、

クライマックスシリーズでソフトバンクに下剋上されました。

しかし、山賊打線の驚異は今年も変わらないでしょう。

注目ポイント:先発投手の整備

去年は打撃部門こそ上位を占めていましたが、

守備部門では、防御率・失点・失策がリーグワーストでした。

さらに、菊池投手がメジャーへ移籍したことで、

先発投手の層が薄くなってしまいました。

この先発投手をしっかり整備することが出来れば、

リーグ優勝はもちろん、日本一も狙えるでしょう。

福岡ソフトバンクホークス

去年はリーグ優勝こそ逃したものの、

2年連続の日本一を達成しました。

注目ポイント:若手野手の出現

投手陣は若返りが進んでいますが、野手陣は高齢化が進んでいるように思えます。

三塁手に至っては、松田選手に次ぐ選手が未だにいない状態です。

去年、次世代の二塁手として牧原選手が活躍しました。

また、神林こと上林選手もこれからのソフトバンクに欠かせない存在でしょう。

今後も強いソフトバンクを続けていくには、若手野手の育成は欠かせないでしょう。

北海道日本ハムファイターズ

今年のストーブリーグ、まさかまさかで

オリックスから金子投手が移籍してきました。

金子選手が他の投手陣にどのような影響があるか楽しみです。

注目ポイント:打線の爆発

今年のオープン戦、大田選手がホームラン5本と打撃好調でした。

また、台湾から来日してきた王柏融にも注目です。

これに、アベレージヒッター・近藤選手や頼れる4番・中田選手の打撃が

上手く噛み合えば、山賊打線以上の打撃力が期待できるでしょう。

オリックス・バッファローズ

今年のストーブリーグで、チームの主力が一気に流出しました。

若手の奮起に期待です。

注目ポイント:エースと4番

今年、フルシーズンを戦い抜いた経験ある選手は少なく、

経験不足は否めません。

しかし、エース候補である山岡投手、4番の吉田正選手と

投打の軸の若返りは出来ています。

この二人が、経験不足のチームをどのように引っ張るか楽しみです。

千葉ロッテマリーンズ

去年は、就任1年目だった井口監督。

2年目の采配がどうなるか気になります。

注目ポイント:ホームラン数

今年、ホーム球場であるZOZOマリンスタジアムに

「ホームランラグーン」が新設されました。

また、助っ人選手としてバルガス選手とレアード選手を獲得しました。

このホームランラグーンによって、課題とされていた得点力不足が

どのくらい補えるかが鍵となりそうです。

東北楽天ゴールデンイーグルス

昨年優勝チーム西武のキャプテン・浅村選手が移籍してきました。

西武で培われたキャプテンシーを活かし、正二塁手として楽天野手陣を

引っ張ってくれることでしょう。

注目ポイント:新エースの誕生

開幕前にエース・則本投手が離脱。

この穴を誰が埋められる投手の出現が鍵となるでしょう。

岸投手はもちろん、辛島投手と藤平選手の覚醒に期待です。

2019年パ・リーグ予想順位は・・・

以上を踏まえて、

私が予想する2019年のパ・リーグの順位は・・・

 

 

1位 北海道日本ハムファイターズ

2位 福岡ソフトバンクホークス

3位 千葉ロッテマリーンズ

4位 埼玉西武ライオンズ

5位 東北楽天イーグルス

6位 オリックス・バッファローズ

 

 

投手力と打撃力、それから伸び代の総合点で判断しました。

この三要素が一番揃っているのが、日ハムのように思えましたので、

今年は日ハムが優勝するんじゃないかと思います。

 

 

以上、2019年パ・リーグの順位予想でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です